プチ整形の1つです|肌に残ったにきび後を除去しよう|レーザー治療で簡単施術

肌に残ったにきび後を除去しよう|レーザー治療で簡単施術

プチ整形の1つです

注射治療

麻酔をしてもらう

美容外科で行われているヒアルロン酸注射の効果は、永久的に継続するものではありません。注入したヒアルロン酸は少しずつ体内で分解されていきますので、そのうち吸収されて無くなります。一件デメリットのように聞こえますが、術後の仕上がりが気に入らなくても元通りになるため、失敗のリスクがほとんど無いとも言えるでしょう。顔にヒアルロン酸注射をするときには、敏感な部位と言えますのでできるだけ痛みが小さい美容外科で治療を受けることがおすすめです。局所麻酔をしてくれる美容外科もありますので、注射の瞬間には少し痛みがありますが、我慢することができます。痛みに対して敏感な人であれば、静脈麻酔薬を採用している美容外科を選択したほうが良いでしょう。静脈麻酔薬があれば、眠っている間にヒアルロン酸注射をしてもらえますので、痛みを感じる心配をしなくても済みます。

別の施術と併用する

ヒアルロン酸注射の施術は患者にとっては気軽に受けられるプチ整形となりますが、医師にとっては熟練の技術が求められます。注入する位置や量、深さが重要となってきて、技術力のない医師であれば思ったような効果が得られないことが考えられます。注入方法にこだわりを持っている美容外科もありますので、施術の依頼をする前に過去の実績について確認してから契約をすることがおすすめです。美容外科によっては、小さなシワを改善できる高周波治療も用意していますので、ヒアルロン酸注射と併用して施術を受けることで、より一層効果を高めることができます。高周波治療を受けることで、エラスチンやコラーゲンが生成しやすい肌に仕上げることが可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加