肌に残ったにきび後を除去しよう|レーザー治療で簡単施術

プチ整形の1つです

注射治療

ヒアルロン酸注射の特徴として、永続的なものではない、という点が挙げられます。メスを入れる施術と違って、永続的な効果を得るためには一定周期で美容外科へと通院する必要がありますが、気に入らなかった場合には1回やめられるため、気軽に試しやすい治療とも言えます。

Read More..

患者の為の脱毛

医者

他の美容医療も行うクリニックと異なり、リゼクリニックは脱毛に特化しています。そのため症例数も豊富でスタッフも脱毛のスペシャリストが育っているのです。予約においても初診患者用の枠を廃止して、再診の患者を優先するシステムです。

Read More..

失敗してしまったら

鏡を見る人

美容整形を受ける方は増えています。しかし、腕が良くない美容外科も存在しているのです。鼻の整形の修正をしたい場合には、病院選びを慎重に行いましょう。またカウンセリングでは、ご自分の意見をハッキリと言うことで失敗を防ぐことに繋がります。

Read More..

滑らかな肌になるために

フェイス

肌の凹凸も解決できます

にきび跡の中でも、悪化した赤にきびの跡は肌の奥深くまで破壊され、表面に凹凸を残してしまうために悩む方が多いです。こうした頑固なにきび跡の解決に効果的なのが、クリニックで行うレーザー照射の治療です。レーザーは表皮の奥にある真皮・皮下組織まで届いて皮膚細胞を入れ替えることができるので、しこりやクレーター状になっているタイプのにきび跡にも有効です。軽いにきび跡であれば、セルフケアで表皮のターンオーバーを促すことで消えることもありますが、真皮や皮下組織が傷ついてしまって肌に凹凸が残った場合はレーザーが最適な治療法になります。にきび跡の治療に使われるレーザーは主に4種類あるので、にきび跡のタイプや予算・施術回数など自分に合ったものを選ぶことができます。

タイプが選べるのも魅力

にきび跡の中でもクレーター状になってしまったものは目立ちやすく悩んでいる方が多いですが、とにかく早く解決したい方には炭酸ガスレーザーが最適です。これは施術後、半月から一ヶ月はガーゼを当てておく必要がありますが、1〜2回の通院で済むことがメリットです。お仕事などの関係で肌を傷つけるのは最小限にしたい方には、冷却ガスを同時に当てて痛みや傷を抑えながら施術するクールタッチレーザーや、跡が残らないフレクセルレーザーを選べば安心です。また、フレクセルレーザーにプラスして炭酸ガスレーザーも照射するブリッジセラピーなら皮膚細胞の入れ替わりを早めることができるので、通院回数を少なくすることが可能です。そしてレーザー治療を受けた後は、医師の指示に従ってホームケアを行なうことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加